神奈川県氷雪販売業生活衛生同業組合

製氷事業の発達史

海外の天然氷採取販売事業

米国ボストン市のフレデリックチュドールが1805年天然氷採取販売事業を開始、 当時西インド諸島(ジャマイカ島、マルチニック島)の黄熱病克服のため 米国ニューイングランド北部の天然氷を機械化作業で大量採取し輸送した。

1815年からハバナ、チャールストン、ニューオルレャンスにも輸送しニューオルレャンスには大貯氷庫を建設した。 1833年には南米のリオデジャネイロ、東洋のインドカルカッタまで輸送するようになった。 天然氷は厳冬の訪れるメイン州の河川湖沼で採取、特にハドソン河の天然氷は良質な氷で有名、 その河岸には1880年貯氷庫が55棟も建設された。

ハドソン河では1890年ニューヨークとアルバニー間に135棟の貯氷庫が並び氷に関する会社や個人が60人おり、 近代産業としてアイスマンは胸を張っていた。

米国の天然氷生産は1806年130邸1872年225,000(1730倍)になったが、1900年には13,720邸 ピーク時の16分の1しか生産できなかった。ヨーロッパにも米国氷が輸出され、英国のロンドン、 リバプールには広大な貯氷庫が設けられ、年々数万鼎鰺入した。然し1899年ノルウェー氷が50万鼎眇塀弌 暖冬で生産不能のアメリカ氷を完全に駆逐、スエズ運河開通の大減産は冷凍機の進歩による機械製氷の発達に拍車をかけ 天然氷は約百年間の繁栄に別れを告げつつ漸次衰微して行った。


日本における天然氷事業

1859年横浜開港以来、幕末横浜の外人居留地に米国ボストンの天然氷がアフリカの喜望峰を大迂回して 太平洋から半年がかりで1万5千海里の海原を野菜不足による敗血症と戦い乍ら日本に輸入され、 主として外人の医療用等に使われた。当時横浜に到着したボストン氷はビール箱の大きさで黄金3両したと云う。 今のお金に換算して30万円という。当時のボストンのアイスマンは人類の病気治療、人命救助に貢献し、 食糧貯蔵に役立ち且つ高収益事業としての誇りをもって世界に危険を冒して氷を輸出した。 この時日本における氷事業の大先輩、氷のロマンを創り出す中川喜兵衛という大人物が登場する。

○中川喜兵衛の天然氷事業
1817年(文化14年)愛知県三河に生まれ、16才の時京都で儒学を学び40才の時横浜開港を聞くや早速上京、 江戸で英公使館のコックとなり、ヘボン式ローマ字創始者として有名な医師ヘボンから 氷が医療用食品保存にきわめて有益であることを教わり、天然氷の事業化に執念を燃やします。 横浜でまず牛乳販売所を開業して資金を蓄積し、文久元年(1861年)いよいよ氷事業に着手した。

1861年富士山麓鰍沢に165屬寮宿甲咾鯊い蝓1002千個の氷塊を得て採氷搬出した。 木箱にオガ屑をつめ、氷を包んで馬の背で運び、静岡、江尻港より日本の帆船2隻で横浜へ輸送したが、 途中難航し横浜に到着した時は僅か8鼎箸覆蝓1715両(約5億円)の損失となった。

2年後信州の諏訪湖で湖水氷の採氷、輸送を試みて再び失敗した。

1864年、元治元年日光赤城?名で56里を馬で運び高瀬川を下り横浜に運んだが製造、輸送費を回収できず失敗した。

ね盞脹元年陸中釜石で300添亮茲掘帆船で横浜へ送ったが、約1割の30鼎靴残らず採算とれず失敗した。

ネ盞脹2年青森県で採氷したが、運搬船が外国船しかなく、その費用捻出不能で空しく氷を溶解してしまった。

今までの失敗はすべて輸送の不備によることを反省、5回の失敗にめげずヘボン師の強い激励により他の業務をなげ打ち、 用意周到に計画を練り、米国技師を招聘し、函館の榎本武揚の援助を得て、 北海道開拓使(今の北海道開発長官)黒田清隆より五稜郭における7年間の採氷専取権を得て全財産を投入して 慶応3年(1867年)北海道函館にわたり、6回目の挑戦をしたが暖冬のため薄い氷しかできず、250鼎良垢魏I佑鵬鸛して大損失、 窮乏のどん底に陥入った。

明治の気骨の人は最後の力をふりしぼって第7回の挑戦を試み明治2年(1869年)スエズ運河開通の都市、 函館五稜郭に立てこもる榎本武揚軍が官軍に敗れ北海道の新しい歴史が誕生した年に、遂に純良な500鼎良垢虜良垢棒功した。 氷の厚さ40センチ(1尺3寸)、これを外国船を仕立てて京浜地区に輸送し販売したが、六転七起の末大成功だった。 五稜郭の外濠は水質が翌、運搬の便も良かったことが成功の鍵であった。ボストン氷と激しい競争の末、僅か1年で外国氷を駆逐した。

翌明治3年(1870年)600邸¬声15年3,400鼎鮑良垢垢襪泙任砲覆辰拭E時の氷は1毀7銭、米13.5銭、氷は米の約2倍の価格であった。 その後台湾、清国、韓国、シンガポール、南洋、インドまで輸出したが、明治6年から9年の4年間の輸送量は約8千鼎肪した。 中川は米国から氷採取機械を輸入し、完全な氷製品を出荷し内国博らん会の大賞を受賞、宮内庁ご用達に採用され、五稜郭氷の名声を高めた。 この時の賞碑のデザインから竜紋氷と呼ばれるに至った。 この成功を聞き全国的に採氷池が続出し、天然氷事業の普及発展を迎え、中川は氷以外にも大きな足跡を残している。


日本の機械製氷の歴史

明治3年夏、福沢諭吉は熱病でかなり苦しんだ。たまたま福井藩主松平春獄公が外国製の小型製氷機を所有、 遊休していることを慶応義塾の塾生が知り、これを借りて少量の氷を造り諭吉の解熱に使ったのが機械製氷の始まりであり、 明治12年(1879年)オランダ人のストネーブリングが横浜に最初の機械式製氷工場(日産能力3)を設立した。

大正13年関東大震災後新築された現存の最古の製氷工場として有名な神奈川日冷の山手工場がそれである。(ニチレイグループのひとつ) ストネーブリング氏はオランダロッテルダム生れ、三菱汽船(後の日本郵船)の機関士であり、当時の船長、 機関士は大変社会的地位が高く名士であった。日本製氷業の元祖の墓は横浜外人墓地に妻ハマ(関東大震災で死去)と共に眠っている。

日本人による日本最初の製氷会社は明治16年(1887年)東京京橋新富町に建設された東京製氷会社(日産能力6)であり、 以後天然氷と機械氷の激しい競争が始まった。明治22年当時の氷価は12貫匁(45堙り)五稜郭天然氷80銭、 日光天然氷70銭、神奈川天然氷65銭、機械氷60銭。

明治22年五稜郭の貸与規則の変更により天然氷の採取も中止となり、中川氏は機械製氷時代への移行を看破し、 自ら東京機械製氷会社を設立計画し、東京業平橋に31年事業を開始したが、中川氏本人は前年の明治30年1月4日(1897年)東京越前堀の自宅で 80才の高齢で他界された。

この東京製氷会社と東京機械製氷会社は明治40年合併、日本製氷蠅箸覆蝓各地の製氷会社を吸収しながら 昭和9年日本食料工業蠅帽臺擦気譴泙后L声20年7月皇太子殿下(後の大正天皇)が東京製氷蠅涼枌蝋場へ行幸された時、 花氷の製造をごらんに入れた処、大変おほめ戴き、明治天皇におみやげに花氷を持ち帰り天らんに供する光栄に浴した。 つづいて宮内庁の指定工場となり、宮内庁専用の製氷タンクを設け製氷して納めることになった。 明治20年宮内庁は以後宮内庁の御用氷は機械氷に限る旨告示され、天然氷に一大打撃を与えた。 明治23年滝沢子爵、大倉男爵、浅野総一郎と言った財界の代表的名士が青山製氷所を設立、 製氷工場がモダンな事業として急速に普及することになる。かくして製氷事業は資本家の投資対象となり、 年々各地に製氷会社が設立されたが、地方の資本家によって経営された製氷会社は結局経験に富み 堅実な日本製氷蠅寮鑪的な販売線に屈して吸収合併されて行った。

日本食料工業蠅篭ζ欝業蠅塙臺察日本水産蠅箸覆蝓∩換饑宿糠塾呂48%を占めることになった。 戦争中の昭和18年日本水産、大洋漁業、日魯漁業、極洋捕鯨、全漁連等の製氷冷蔵施設が政府により統合され戦時の食糧確保の国策会社、 帝国水産統制蠅誕生、これ迄の60年間に統合吸収合併された製氷会社の数は107社、全国の製氷能力の過半数に達した。


戦後の歴史

戦後GHQの財閥解体、過度の集中企業の排除命令で、昭和20年日本冷蔵蠅誕生、帝国水産統制蠅寮宿后⇔簑工場を継承、 戦争中戦災で全国の製氷能力の46%が喪失、1253工場が750工場に、昭和16年ピーク時の製氷日産能力16,000鼎8,500鼎坊禪此 極めて深刻な氷不足で食料危機下漁船用の水産氷が不足し貴重な魚をくさらせた。

一方、海外から着のみ着のままの復員軍人として社員が続々と帰国、これらの飢えた社員の資金確保のため、 昭和21年~22年全国でアイスキャンデーを造り無配、遅配の給料の補てんとした。 その后インフレの激化で人工甘味料の確保も困難となりアイスキャンデー製造も行き詰る。

復興金融公庫が設立され、重点産業として製氷工場の再建に設備資金の45%を低利で支援し急速に設備の回復が進む中、 やがて昭和25年朝鮮動乱が発生、GHQより韓国で斗う米軍兵士のため大量の氷の生産、冷凍輸送を日本冷蔵に発注、 当時日本冷蔵の所有する全冷凍運搬船約10隻、廷154隻、製氷工場は九州、広島、大阪、名古屋、東京の20工場で清さんした氷を 昭和26年~29年の4年間に90,000鼎粒冑垢魎攅颪慷∩納入した。韓国は氷が悪く非衛生的だったので、 医療、飲料、水割用、食品保存用、戦死者の遺体保管用等多岐に使用、この特需のおかげで日本冷蔵は戦後の疲弊から急速に立ち直った。


<アイスボックス時代>
日本の製氷産業は陸上氷と水産氷の需要急増で急速な成長を遂げた。昭和36年が氷生産量のピークを迎え、 年間640鼎魑録、日本経済の成長階下の時期に当り、生活水準の向上から低所得層までアイスボックスが普及したためである。 陸上氷の比率が43%に達し、昭和30年代前半は正に製氷の黄金時代であった。

<家庭用電気冷蔵庫時代>
その間家庭電気冷蔵庫が急ピッチで普及を開始、昭和30年3万台、35年100万台、36年160万台(氷ピークの年)、 38年300万台と猛烈なスピードで普及したため、陸上氷が大幅に減少し、水産氷の伸びに拘らず、昭和40年氷の総生産量550万邸 45年40万(陸上氷比率は43%から30%に低下)、平成元年の製氷総生産量442万杜上氷62万邸14%、そのうち包装氷が3%、 20万鼎芭上氷の3分の1が包装氷である。水産氷380万邸86%である。

水産氷微増、陸上氷減少という形で45年以降ほぼ横這いで推移、全国製氷工場749、製氷日産能力23,900万鼎Δ船縫船譽63工場、 2659鼎妊轡Д◆爾12.9%である。この中で急速に成長しているのが包装氷(カチ割氷)である。


包装氷

家庭電気冷蔵庫の氷、喫茶店、バー等の自動製氷機の氷をすべて合せると年々氷の使用総量は増加し文化のバロメーターになっている。 現在包装氷メーカーは全国で94社、かつて約140社あったメーカーも減り、このうち6-7社が全国消費量の約7割以上を供給しており、 数量にして平成16年2億712万袋、前年比1・16となっている。

日本の氷はおいしく、成田のダイエーでは外国航空会社のスチュワーデス達が日本の氷をおみやげに買って行く。 従って高級な洋酒等を飲む時、製氷メーカーの氷を使う若者のこだわりの味覚は妥当なものと云える。 家庭の3分の1の人が電気冷蔵庫の氷に不満を持ち、高所得、料理、酒の好きな人の不満は40%以上に達する。 これが包装氷の成長する原因であろう。包装氷の透明度を100%とすると、戦機冷蔵庫の氷は50~70%、南極の氷は60%である。

<密着板式プレートアイス=俗称ターボアイス>
米国のターボ社が開発した密着板式プレートアイスの機械は日本の総代理店東西工場によって昭和40年第1号機が日冷芝浦工場に納入された。 厚さ12个糧追垢鯊い蟶嬋垢靴椴箋冤儖燭録用氷とする。これは現在米国の製氷の主流となっている。 日冷が早速、神田の氷仲介買業者にテスト販売したが全くの不評であった。然し短時間に製氷され、 効率が良いので水産氷用として全国に普及した。ニチレイも水産氷工場として、名古屋、和歌山、川崎、銚子等に設置した。

数年前機械メーカーが厚さ22仭宛紊離拭璽椒▲ぅ垢鯊い蟶嬋垢靴謄チ割として販売を開始、ダイエー及びそのCDS、ローソン、 サンチェーンで売っている包装氷である。1時間位で製氷できるので、生産効率は良いが、どうしても両側に平面があり、 完全なカチ割氷の形ではないこと、氷の芯にモヤがどうしてもできること等の欠点があるが素人にはよく見ないと分かりにくい。

又、熱効率上流している水を循環して使うので雑菌その他の物質が次第に濃縮される問題がある。また、製氷能力に弾力性がなく、 今夏のような異常高温で多量の需要があると柔軟な対応ができず、大欠品を発生させ得意先に迷惑をかけた例もある。 仲々すべて都合良くはゆかない。